Words

みんなの「ことば」

#失敗して凹んてしまった人へ #将来の目標を見つけたい人へ #課題やレポートに追われている人へ

“理由のために生きればいいじゃないですか”

好きな漫画の登場人物

この言葉は、恋人を手にかけてしまったことで「自分にはもう生きる理由がない」と自殺しようとした仲間に、主人公が言った言葉である。

「生きる理由がないから」と自殺したいと考える人は大勢いるだろう。

しかし、本当は「生きていく理由」なんてなんでもいいのだ。

「明日課題を出さなければならないから今は死ねない」のような理由でもいい。

そういった大したことのないような理由が積み重なって今の自分がいる。

こう見ると「理由のために生きる」というのは「今のために生きる」と言い換えることが出来るのかもしれない。

「理由」というのは「今日を生き抜く」ために必要なものだ。

確かに必要ではあるが、無いと生きていけない訳ではない。

それでも「理由」がどうしても必要だというなら作ればいいのだ。

この言葉を仲間に言った主人公も、自らの恩人を手にかけ「生きる理由」を見失いつつも、恩人の言葉を胸に抱いて生きている。この仲間もまた、恋人の存在を噛みしめて生きている。

私たちも、今までに培ってきたものや守ってきたもののために生きてもいいのではないだろうか。

この瞬間を生きるため、これから先を生きていくために何か一つ、胸に抱いていけるものがあればいいのだと思う。

  • 投稿者 文学部生 やっすん