Words

みんなの「ことば」

#コロナ禍に立ち向かいたい人へ #やる気を出したい人へ #失敗して凹んてしまった人へ #自分を励ましたい人へ #課題やレポートに追われている人へ

“今を懸命に生きろ”

祖母

祖母は車もバイクも習い事も人一倍していて、やることが多いファンキーなおばあちゃんだ。そんな祖母からもらった言葉である。

私の高校は一日8時間授業であった。
ほぼ毎日授業の予習や復習、その日の課題などやらなければならないこと、やりたいことが多くあり、バタバタと時間に追われる日々を送っていた。日々充実しているように感じることもあれば、計画通りに「できない自分」を責めてしまう場面が沢山あった。

そんな私を目の当たりにしていた祖母が、「先のことを考えることは大切だけど、今の自分を見失っていたら意味がない。今を懸命に生きなさい。」と助言してくれた。

その時、祖母の言葉を聞いて気持ちが少し解放され、前に進める自分がいた。あれも、これもと考えたら焦りと同時に、自分の首を自分で絞めてしまう。

だけども、その一瞬一瞬、真剣に生きていくことが大切であると気づいた。少しずつでも良いから一生懸命自分のするべきことを、迷わずしたらいいのだと。私は祖母の言う通り、自分自身の本質を見失っていたと思う。そんな私を気づかせてくれ、向き合うきっかけをくれた。それ以来、頭がパンクして自分を見失いそうな時は、祖母のくれた言葉を思い出すようになった。

一生懸命して失敗をしてしまっても、その時懸命に頑張ったことは、後悔なく今後活かされていくことも分かった。

祖母が私にくれたこの言葉はこれから先も私の心の糧となっていく。

  • 投稿者 文学部生 りこ